biora-nuのブログ

キッチンガーデンを目指して庭づくり 丁寧な暮らし、というわけではなくある物を使い切る生活を目指しています

アベリア ホープレイズとカレイドスコープ

今日の我が地方は朝から大雨でした。

窓の外を見て驚愕、作ったばかりのデッキ周り花壇が浸水していました(;゚д゚)

幸いお昼過ぎに見たら水は引いていましたが、植えた植物たちが根腐れとかしないよね、と心配に(°°;)

 

さて今日は一昨日、東の花壇とデッキ周りに植えたアベリアについて。

シンボルツリーの根締め兼グランドカバーになるような強い常緑低木を探してはみたのですが、これがなかなか無いんですね(-ω-;)

日本のハッキリとした四季と梅雨に耐えられる植物ってやっぱり少ない!

その点アベリアは昔から生け垣にも使われていて、園芸品種であっても強健o(^o^)o

せっかく植えても手入れに手間が掛かりすぎたり、枯れたりする可能性が高い物は極力避ける私(笑)

サツキも考えましたが、アベリアの方が洋風の庭には合いそうでした(^-^)

 

早速近所のホームセンターを回り、なかなかの大きさのアベリアが2種類、お値打ち価格で私を待っていてくれました(笑)

 

東の花壇のシマトネリコの株元にはアベリア ホープレイズを2つ植えつけ。


f:id:biora-nu:20200327174842j:image

明るいイエローグリーンに白い斑が入ってより明るい印象になりました(≧∀≦)

 

デッキ周り花壇のメラレウカの株元にはアベリア カレイドスコープを。


f:id:biora-nu:20200327175226j:image

こちらは『万華鏡』の名前の通り、黄色~緑~赤と季節によって葉色がハッキリ変わる品種のようです。

今は黄色ですが、下から緑の新芽がたくさん(^-^*)

 

これからメインの木とどんなコラボが見られるのか楽しみです(^^)/